So-net無料ブログ作成
検索選択
ぶらつき ブログトップ

友達のお店「G7」@西荻 [ぶらつき]

今週の月曜日、高校時代の友人が西荻窪でやっているバー「G7」に行って来ました。中央線西荻窪駅南口から徒歩3分です。

image-20110811164358.png

清潔で落ち着いたインテリア。棚にはオーナーの友人が子供の頃から収集して来た貴重なCDがずらりと並び、我々お客を楽しませてくれます。

カウンターとテーブルが有り、全部で20名弱入れるでしょうか。

マティニを頼みました。

image-20110811164901.png

ジンはこれまでみた事のないUK銘柄のボトルが、冷凍室でキンキンに冷やされて出てきました。(写りがが悪くてすみません)

image-20110811165121.png

大ぶりの牡蛎の燻製です。写真はチョット不気味ですが、味は赤ワインによく合う絶品でした。

image-20110811165238.png

image-20110811165250.png

静岡ホビーショー(第49回)に行ってきた [ぶらつき]

昨日、静岡で毎年やっているホビーショーに行ってきました。何分昨年の12月から始めたもので、こんなショーがやっていることすら知りませんでした。朝なかなか起きられなくて、行くのはやめようかと一度断念したのですが、午前中思い直し10時頃に自宅を出発しました。

静岡の駅を降り立ったらいきなりこの看板、模型の都市なんだなあと実感。

ブログ 2010-5 005.JPG

駅前からの無料シャトルバスで約10分で会場に到着。結構たくさんの人が来ていたのでちょっとびっくりしました。

ブログ 2010-5 009.JPG

一番近くの入り口から入ると、モデラーズクラブの展示会。なんと175クラブから6000を超える作品が展示されていました。飛行機、自動車が一番多く、戦艦が次、ガンプラや鉄道模型はわりとマイノリティでした。

モデル雑誌などでは余りみない、ジオラマ系の作品で良かったのをいくつか紹介します。これは、「サンニイ情景友の会」の作品です。一人の人が一年かかって完成させたそうです。壁などは木材を使用しているらしいです。

ブログ 2010-5 054.JPG

以下の二つは作者を忘れてしまいました。香港の街並みと、SFの雰囲気が絶妙でした。

ブログ 2010-5 058.JPG

ブログ 2010-5 043.JPG

メーカー側のブースには、ほぼすべての会社が出展しており、やはりタミヤが最大の面積を占めていました。私の結構気に入ったのは童友社のブースです。特に、新シリーズの潜水艦は目新しく、ちょっと触手が伸びています。

ブログ 2010-5 095.JPG

私自身のお土産は、紙製のジオラマキットです。京都にある(株)さんけいの「なつかしのジオラマシリーズNo.14 そば屋」です。完成品が数多く展示されていましたが、紙とは思えない出来栄えに思わず衝動買いです。ちょっと最近鉄道模型とジオラマに心惹かれている感じです。でも、自宅に展示するに場所が取られるのが悩みですね。

ブログ 2010-5 158.JPG

少し無理していきましたが、とても楽しい一日でした。


奈良のお土産 [ぶらつき]

奈良旅行を満喫してきました。お土産ふたつ。

ブログ 2010-5 003.JPG

ブログ 2010-5 002.JPG


柿の葉ずし [ぶらつき]

??.jpg仕事が入ってしまったため、家内を奈良に置いて一足先に東京へ移動中で す。

京都駅で柿の葉ずしをゲット。ラジオでよく宣伝している「田中」のを買 いたかったのですが、見当たらず、「いざさ」のものにしてみました。と ても美味しくて正解でした。

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奈良のお寺を巡って考えた [ぶらつき]

奈良旅行4日目です。

法華寺、中宮寺、法隆寺と回りました。今回奈良の有名なお寺を巡りながらひとつ不思議なことに気がつきました。それは、どのお寺にも僧侶がいないのです。いるのは、作務衣を着た係員の人だけ。

幾つかのお寺の宗派を調べてみたのですが、以下のように南都六宗に属するものばかり。これは奈良時代に栄えた宗派らしいのですが、いわゆる人々を救済する「宗教」ではなく、中国の仏教研究を専らにする「研究機関」みたいなものだったようです。(専門家じゃないので、たぶん間違った解釈かも。)よって、檀家、お墓、法事みたいな仏事といったものは無いのかもしれません。

もしかしたら、国から補助金をもらうためには政教分離の観点から、現在活発に宗教活動をしているお寺では駄目なのかもしれません。 

興福寺⇒法相宗

法華寺⇒宗旨はもともと真言律宗だったが、1999年に同宗を離脱し、光明宗となる

唐招提寺⇒律宗総本山

法隆寺⇒聖徳宗総本山(法相宗から独立した宗派)

お寺の本堂に掛けられている暖簾みたいなやつのイメージを集めてみました。

<興福寺>

P1010973.JPG

<唐招提寺>

P1020367.JPG P1020369.JPG

<法華寺>

P1020568.JPG

<法隆寺>

P1020603.JPG

 


次は寺院の模型だな [ぶらつき]

奈良旅行3日目です。今日は、秋篠寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡を訪れました。

薬師寺の東塔は今年秋から覆いが施され平成30年まで解体修理に入るため、それまで概観の参拝も出来なくなるそうです。1300年を経た東塔の概観と、内部を観ることができたのはラッキーでした。

 P1020319.JPG

薬師寺から唐招提寺に向かう道で、「よしむら」というお土産屋、兼、食堂のお店で、東塔の模型が飾られていました。木製の模型でした。東京に帰ったら、寺院シリーズの模型を買い込んでしまいそうです。

 P1020348.JPG

唐招提寺は規模と年代の本物度合いで他を圧倒しています。鑑真和上が唐から持ち帰ったという「けいか」という花が季節満開で見事でした。

 P1020428.JPG

ランチは食べるところがなく、道端のお店で団子アイスクリームで済ませました。結構美味しかったです。

P1020324.JPG


奈良の仏像を見ながら考えた [ぶらつき]

奈良旅行2日目です。

今日は、室生寺、長谷寺、飛鳥寺、高松塚古墳跡を訪ねました。

仏像が作られた時代は飛鳥時代から江戸時代とかなり幅がありますが、どれを観ていても、「今日のフィギュアと同じなのではないか」と思わずにいられませんでした。

今のように娯楽には乏しい当時、お寺や神社に参拝することは人々にとって信仰だけではなく、むしろ娯楽の意味合いが強かったと思います。その中で、仏像を拝したのは、神話や来世のことなど、現世では決して味わうことのできない興奮や喜びを得るためだったのではないでしょうか。

現在の世の中で、ガンダムキャラクターのフィギュアや、スケールモデルを同好の諸氏が愛でるのも、ある意味同じような気がします。フィギュアでは実物というのはこの世には存在しません。また、スケールモデルでも、飛行機、戦艦、戦車、F-1などはとても手に入れることは出来ません。でも、こういったものの、ストーリーや憧れといったものを身近なところに所有する喜びは、昔の人が仏像を愛したことと相通ずるのではないでしょうか。

飛鳥寺の横の田んぼに、きれいなれんげがたくさん咲いていました。

P1020204.JPG


奈良の模型屋さん [ぶらつき]

有給休暇を一日取り、今日から奈良観光でやってきました。平城遷都1300年祭ということで、奈良県は大々的にキャンペーンをやっていますが、今日は人の数はさほどでもありませんでした。

半日しかなかったため、取り急ぎ、阿修羅像の特別展示をやっている興福寺を見学に行きました。多くの国宝、重要文化財の仏像が展示されていましたが、どうも現代のフィギュアと同列で見てしまいます。さすがに出来は最高です。特に、運慶の作品は、当時の工具や技術でよくここまで作れたものだと感心してしまいました。

奈良駅周辺の商店街をぶらついていたら、なんと模型屋さんを発見。

P1020030.JPG

店の中ではおばあちゃんがじっと店番をしていました。ただ、品物がほとんどなく、なんとなく中には入れずじまいでした。

 P1020033.JPG

「ショーウィンドウ」に飾られているジェット機が時代の流れを感じさせてくれました。

P1020031.JPG


ぶらつき ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。